09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

miki24seasons

Author:miki24seasons

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『秋分の候、林檎を描く』親子の会

2015.09.22 21:50|森の美術部
0922 oyako

なんとさわやかな秋晴れの秋分の日!!

仲良し6人の親子さんに、林檎を描いていただきました。

0922 temoto:hiroko

0922 temoto:mari

0922 temoto:kaoru

十人十色の林檎、描けました!!

すてき♪

0922 works

0922 shutaro
6年生男子です。
優しい色でしょう?
選んだ林檎が、桃のような可愛らしい色だったのです。
よく表現できていますね!!

おしりのところをよく観察していて、
黄色のリングみたいになっているところが面白かったんだよね。
うん、それしっかり描けているよ。よく見たね。
茎の色が、彩り豊かで、とってもきれい!!
たまらないポイントがいっぱいでした。


0922 kaoru
こちらも6年生男子です。
なんてすてきな表現でしょう!!
力強くいっぱい塗り込んでいたので、気持ちがよいほど鮮やかになりました。
密度が詰まっててパリッと甘ずっぱいりんご。
木の表現もかわいいね〜。
ふしが…、カートが…、思わず笑みがこぼれます。
こんな畑で、もぎたての林檎が食べたいね。

0922 momoko
4年生女子、りんごのお尻を描きました。
最初からとってもよく描けていたのですが、
「なんか違う…」と言いながら、何度も何度も色を重ねました。
ほんとうに何度も何度も、何度も何度も…。
全色塗るのを何回繰り返したでしょう?
ものすごい厚みになってくると、削る表現もどんどん面白さを増してきます。
ものすごい境地にはいったところで「できた!!!!」
すごい!! 種から放射状に育った感じすごくでてる。
林檎の宇宙だ!! 哲学だ!! すばらしいよ!!

0922 miho
兄妹のママさん、おしゃれなりんご!!
仕立ても素敵ですね。
紙のチョイスもこなれています。
りんごの深い赤も印象的ですし、私が好きなのは茎の部分。
あっさりとしたタッチで、見事に表現されています。
う〜ん、さすが!!
全体にスッとしたプロっぽいこなれ感がありますね。

0922 hiriko
これは!!! なんと気持ちのよい林檎でしょう。
りんごは通常5つのでっぱりがあって、
かならず一つ二つおおきく育った部分があるのですが
それをひとつずつていねいに描いてくださいました。
そうすると、こんなに林檎の個性が表現できるのですね。
5人兄弟の母になって一個のりんご家族をつくりあげた感じがします。
感動的です!!

0922 mari
茄子に引き続き、じっくりじっくり描いてくれました。
このツヤ、この色、この重量感!!
皮の雰囲気もすべて再現されています。
茎の根元の深いところも、埋まってる感すごくよく描けてますね。

「遅くてごめんね〜」と何度も謝りながら、
他の人の倍以上の時間をかけて描いてくれました。

いいんですよ!! 謝らなくていいんですよ。
遠慮なくお好きなだけ描いてほしいです!!

人それぞれ 、それがいいんです。
じっくり描くのも、あっさり描くのも、どっちも素敵です!!

描きたいように描いてほしい。
それが森の美術部のただひとつの願いです。


0922 zen

久しぶりのおにぎり膳です。
おかわりしてくれたら、ホントうれしいんですよ♪
いっぱい食べてね。
絵を描くとお腹すくんだよね〜。


0922 wroks 2

クロッキーもすごいでしょう?
なんと個性的な…。
だれも原型をとどめていません(笑)
素敵だなぁ…。

ほんとうに和やかで、柔らかな空気に包まれた一日でした。
おとなもこどももくつろいで過ごし、あっという間の夕暮れでした。

今回はじめてましての組み合わせもあったのですが、
まったくそれを感じさせず、うちとけた時間を過ごす事ができました。

それはなぜかというと、それぞれが古くからの友人同士で、
長い時間の中で良い関係を築いてこられた結果だと、私は思います。


いろんな機会で、いろんな場所で、ともに過ごし、少しずつ信頼を築いてきた同士。

思いやりを持ちよって、たのしく過ごした一日を、ひとつ、またひとつ…。

かけがえのない日々を積み重ねてきたのでしょう。


深い信頼のあるいくつかの仲間で、初めての出会いがあった時に、
ふと生まれるこんなにも心地よい時間。

ラッキーとか、性格がいい悪いとか、性格があうあわないとか…。
そういう言葉の世界ではない。

人との関係を、ていねいに織り上げる世界に、
私たちはいつもいるのだと思います。

そういう深みの中で、
なごやかな一日を感謝して、
また一日、一日と織り上げていきたいと思います。







スポンサーサイト

テーマ:癒しと潤いのある生活
ジャンル:ライフ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。